マクラーレンから公式カスタマイズ・パーツ 540C、570S、570GT用に展開

公開 : 2017.03.24 18:00  更新 : 2017.06.01 00:26

ビスポークやパーソナライゼーションの市場が活性化しています。この流れは、マクラーレンについても例外ではありません。

マクラーレンは、540C、570S、570GTといったスポーツ・シリーズが対象となるアクセサリー・パーツ類を公開した。

スポーツ・シリーズの内外装をカスタマイズ

スポーツ・シリーズ向けに開発されたカーボン・パーツは、車両をプロテクトする目的で設計されたものや、パーソナライゼーションの選択肢として用意されている。

トリム・パーツについては、インテリアだけでなくエクステリア用も準備され、フロア・マット、カー・カバー、フロント・ディフューザー用のスキッドプレートなどをラインナップする。

開発はMSOが担当 既存オーナーも購入可能

これらはレトロフィットのパーツとしてアナウンスされているが、新型車のオプションとして搭載することもできる。

また、取り付け作業は、すでに車両を所有しているオーナーもふくめ、マクラーレンのディーラーで実施することになる。

カーボン・パーツは、新車時に搭載されるものより軽量というメリットがある。なお、これらのパーツはMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)が開発を行っている。


▶海外ニュース / マクラーレン、再びワンオフ・モデルの制作へ MSOが毎年2、3台製造

関連テーマ