ヒュンダイ流、プリウスPHEVとの戦い方とは アイオニック試乗記

公開 : 2017.08.15 20:10

本日の、2台目の韓国車の試乗記です。プリウスをはじめ、PHEVが増えてきた今、ヒュンダイのレベルはどれくらいなのでしょうか。探ります。

■もくじ

どんなクルマ?
アイオニック、「トリ」はPHEV
1.6ℓ直4+モーター 目玉は6段DCT

どんな感じ?
基本EVだがエンジン介入過多 燃費良好
アイオニックPHEV 燃費や静粛性は?

「買い」か?
3種のなかで最良 ただゴルフGTEがベター

■どんなクルマ?

アイオニック、「トリ」はPHEV

ヒュンダイ・アイオニック第3の、そしてトリを飾るバリエーションが、このプラグインハイブリッドだ。

アイオニックがトヨタ・プリウスに挑むつもりなら、このPHEV仕様が最大の武器になるのは確実。通常のハイブリッドよりパフォーマンスに優れ、EVのように航続距離を心配する必要もない。3タイプの中で、スイートスポットと言えるのがこのバリエーションだ。

このアイオニック・プラグインに初めて乗ったのは、今年の5月、路面のスムーズさで知られるドイツの公道でのことだった。

今回は、もっと荒れてバンピーな英国の路上で、重いバッテリーを積んだこのクルマのサスペンションが試されるというわけだ。

スペック表を見るに、燃費は驚異の87.4km/ℓ、CO2排出量はたったの26g/km、ということになっている。これならば、ロンドン中心部乗り入れ時の課金が免除される。

ドライブトレインは、どのようなものだろう?

 
最新試乗記