レンジローバー・ヴェラール 2.0ℓ4気筒インジニウム・ディーゼルに試乗

公開 : 2017.08.21 11:40  更新 : 2021.04.13 18:04

まずひとこと、かっこいいですね。クロプリー英国編集長が、2.0ℓ4気筒ディーゼルを載せているモデルを試乗しました。のちほど、ぐっと詳しい試乗記も公開予定です。まずは短評から。

■もくじ

どんなクルマ?
2.0ℓ4気筒ディーゼルのレンジローバー

どんな感じ?
オフロードよりもオンロード
エンジン 外観 内装の強み

「買い」か?
狙い目は「HSE」と「インジニウム・ディーゼル」

■どんなクルマ?

2.0ℓ4気筒ディーゼルのレンジローバー

ジャガーランドローバーが新しいミドルサイズのレンジローバー・ヴェラ―ルを発表した時、4気筒ディーゼルエンジンのモデルもあるとされていたが、その際はテストする素材がなかった。

そしてしばらく経った今、ヴェラ―ルD240がわれわれの前にある。240psを発生する2000cc直列4気筒、ツインターボの「インジニウム」ディーゼルエンジンを搭載したモデルがどのような走りをするのか、(短い時間ではあるが)探ってみたい。

4気筒エンジンを選択すると、300psのV6ディーゼルより£4,000(56万円)安価になるが、パフォーマンスとスムーズさはどのように変化するのか。

また従来、£70,000(984万円)の価格帯のSUVには、2000ccのディーゼルエンジンを動力とするモデルはなかった。このD240はこの概念を破ることはできるのか。

このエンジンには前例がある。

新しいランドローバー・ディスカバリーもこのエンジンを搭載しており、それは極めて洗練された印象だった。

しかし、同じコンポーネンツを用いても、セッティングの仕方でクルマの性格はいかようにも変わるということは、われわれも経験がある。

テストドライブでこの問いに答えてみたい。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ランドローバーの人気画像