BMW、ハイブリッドのMモデルの開発を認める EVも成長戦略に

2017.11.22

100字サマリー

BMW M部門の副社長、ダーク・ハッカーは、ハイブリッドのMモデルが現在テスト中であることを認めました。ガソリンは「可能なかぎり長く」と述べています。

Mモデルのハイブリッド プロトタイプが存在

BMW M部門の副社長、ダーク・ハッカーは、ハイブリッド・パワートレインをもちいるMモデルのプロトタイプの開発を既におこなっていると名言する。

ハイブリッド・パワートレインの詳細ならびにどのMモデルに適用されるかは述べなかったが、テスト敢行中であることは認め「(ハイブリッドは)必然です」と述べる。

「電力に頼ることは、いまや避けがたきことなのです」としたうえで「技術的な解決策を見極めています。あとはどのように展開するか、ですね」とハッカー。

ハイブリッドゆえの重量増については、こう述べる。

「どんなことがあろうとも、重量増は歓迎できませんね。ただ、パワー増強が重量増を上回るのであれば、話はべつなのです」

「(ハイブリッドを導入すれば)まずスピードが高まります。市街地で電力のみで走れば、経済性だって高まります」

Mカーにとって、経済性が大事ではないという意見も聞こえてきそうだけれど、より一層厳しさを増すエミッション規制の矛先はMカーにも等しく向けられる。

ただハッカーは、ストレスを感じているだけではないようだ。

 
最新海外ニュース