2ドアのレンジローバー「SVクーペ」 999台限定 3月ジュネーブ公開へ

公開 : 2018.01.24 18:40  更新 : 2018.02.20 18:13

初代レンジローバーのオマージュとなる2ドアのレンジローバー「SVクーペ」が999台限定で、、3月ジュネーブにて公開されます。

初代のオマージュ 999台限定 ジュネーブ公開

ランドローバーは、999台限定で、「レンジローバーSVクーペ」なる2ドアモデルを開発することを認めた。

これはランドローバーの70周年を記念するもの。1970年から生産される2ドアのレンジローバーのオマージュだ。

現段階では、4座のシートを上から見たインテリアの写真のみが公開されており、前後のシートが、べつの色のレザーとなっているのがポイントだ。

ダッシュボードは標準のレンジローバーと近く、センタートンネルは後席へとつづく。

「レンジローバーSVクーペは、極めて洗練されているのです。そのうえデザインにも気を配っています。ぜいたくなインテリアと息をのむエクステリア。そう思いませんか?」とチーフ・デザイナーのゲーリー・マクガバーンは言う。

おそらくエンジンはレンジローバーSVオートグラフィーが使用する565psの5.0ℓV8を使用することになるだろう。

正式発表は3月のジュネーブ・モーターショー。生産はSVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)が請け負うことになるはずだ。

価格はまだ明らかになっていないが、レンジローバーSVオートグラフィーが掲げる20万ポンド(3086万円)かそれ以上だと考えられる。

2ドアのレンジローバーはといえば、2004年のレンジローバー・ストーマー・コンセプト(メイン画像)がかつて存在した。