アルファ4Cクーペ、存続の危機 スパイダーは安泰 8C/GTVにも期待

公開 : 2018.06.29 11:50

4Cスパイダー、洗練へ

アルファ・ロメオマセラティのエンジニアリング部門を率いるロベルト・フェデリは、フェイスリフト版の4Cは洗練性に磨きをかけるという。

具体的にはサスペンションとステアリングが見直される。加えて新しいエンジンの採用も否定していない。

8C/GTVに期待できる

4Cクーペが属するカテゴリーは、ビジネスが難しいと言われている。特にヨーロッパでは安定した売れ行きを維持することは簡単でなく、同マーケットを率いるアウディTTでさえ1〜5月の間に5520台しか売れていない。

アルファ・ロメオは8CとGTVの復活を示唆しており、「スポーツカーメーカー」としての矜持を顧客にアピールしたいと考えている。

4Cクーペの「戦線離脱」は残念であるものの、他モデルの復活を考えると期待は持てそうだ。

おすすめ記事