セルジオ・マルキオンネ、何を残した? 功績/名言を回顧 英編集主任のコメントも

2018.08.04

サマリー

マルキオンネの訃報がもたらした衝撃が続いています。66歳で突然この世を去ったこの稀代の経営者のもとには、追悼の声が次々と集まってきています。数々の功績や名言を残した彼ですが、最後に英国版AUTOCAR編集主任のクロプリーが知るマルキオンネをご紹介します。

もくじ

稀代の経営者 躍進の原動力
CEO就任 そしてFCA誕生
強力なリーダーシップ 必要なのは音楽の即興性
マルキオンネ名言集
マルキオンネの後継者
クロプリーが知るマルキオンネ 唯一無二の存在

稀代の経営者 躍進の原動力

長くFCAトップに君臨し、先週手術後の合併症によりこの世を去ったセルジオ・マルキオンネのもとには、その死を悼む多くの声が寄せられている。

イタリアとカナダ、ふたつの国籍をもつ66歳のマルキオンネは、2004年以降フィアットのボスとして、クライスラーとの合併、さらには、それに続くフェラーリ分離・独立の原動力となった。

イタリアのセルジョ・マッタレッラ大統領は、「マルキオンネはイタリア産業界に偉大な足跡を残しました」と評価しつつ、「フィアットのリーダーとして、彼は市場、生産システム、財務戦略、そして労使関係の抜本的な見直しを行ったのです」と語っている。


来年4月でFCAトップを退任する意向を示していたマルキオンネだが、この6月にはFCAグループの新5カ年計画発表の場の中心にいた。

マルキオンネ死去の直前には、英国出身でジープとラム・ブランドのトップを務めるマイク・マンリーが、新たなFCAグループCEOに指名されている。

「セルジオは真に傑出した人物であり、彼の死は大変大きな痛手です」とマンリーは話す。

当時苦境にあえいでいたフィアットの取締役にマルキオンネが就任したのは2003年のことであり、自動車業界での経験はなかったものの、赤字体質の企業を変革する手腕を買われてのものだった。

 

人気記事