ポールスター2、CMA採用のEV発表 テスラ・モデル3対抗馬、ジュネーブで公開へ

公開 : 2019.02.28 05:50  更新 : 2019.02.28 20:14

ポールスターが「ポールスター2」を発表。なんと、500万円級のプライスが、目標価格として伝わっています。まさにテスラ・モデル3の対抗馬です。画像15枚。

価格、約500万円か

ポールスターが、ブランドにとって第2弾となる量産モデル「ポールスター2」を発表した。

「テスラ・モデル3と対抗する初のエレクトリック・モデル」と位置付けられる新型車で、5ドアのファストバック・スタイルを採用。ポールスター1やボルボS90から着想を得たデザインが特徴である。

同ブランドは、ベースモデルの目標小売価格として3万9900ユーロ(503万円)を掲げているが、モデル3同様に、生産開始後の12カ月間はローンチエディションのみを製造する。こちらの価格は35万9900ユーロ(756万円)となっている。

プラットフォームは、XC40、リンク&コー01が採用するボルボのコンパクト・モジュラー・アーキテクチャー(CMA)。モーターは前後アクスルに1基ずつ搭載し、四輪駆動を実現。容量78kWhのバッテリーパックをフロアに装備することによって剛性が高まったほか、一般的なシャシーと比較してロードノイズを3.7dBも低減することに成功したという。

スペックと内装についても確認しておこう。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事