テスラ新型EV、2025年生産開始か 安価な「モデル2」がついに牙を剥く

公開 : 2024.03.18 06:05  更新 : 2024.03.19 14:42

テスラは新型EV「モデル2(仮称)」の生産を来年開始する予定だ。販売面で重要な役割を担う安価な小型ハッチバックで、新しいバッテリーとモーター技術を導入する。

「数」の拡大目指したエントリーモデル

テスラは、小型の新型EVを2025年に生産開始する予定だ。非公式に「モデル2(仮称)」と呼ばれ、安価なエントリーモデルとして販売台数の拡大を狙っている。

テスラは2023年第4四半期(10~12月)、BYDにEV販売台数で首位の座を奪われた。モデル2の生産開始時期を明らかにしたのは年末のことだった。

新型車には新しいバッテリーとモーター技術が導入される。(編集部作成予想イメージCG)
新型車には新しいバッテリーとモーター技術が導入される。(編集部作成予想イメージCG)    AUTOCAR

自動車メーカー各社はEVの生産コスト削減による普及促進を図っており、数も多様性も拡大しつつある中で、テスラのモデル2は市場を大きく揺るがすことになるだろう。

生産技術だけでなく、パワートレインとバッテリーの技術もコストを抑えるために極めて重要だ。テスラは、次期バッテリーでは炭化ケイ素を75%削減し、モーターにはレアアース(希土類金属)を使用しないという。

欧州市場を意識したモデルであることから、初期の生産はドイツ・ベルリン近郊にあるギガファクトリーで行われる予定だ。

テスラは現在、新型車向けに部品サプライヤーと交渉中と言われており、「次世代車の発売に向けて取り組んでいる」ため今年は販売台数の伸びが鈍化する見込みだとしている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    平成4年生まれ。テレビゲームで自動車の運転を覚えた名古屋人。ひょんなことから脱サラし、自動車メディアで翻訳記事を書くことに。無鉄砲にも令和5年から【自動車ライター】を名乗る。「誰も傷つけない」「同年代のクルマ好きを増やす」をモットーにしている。イチゴとトマトとイクラが大好物。

関連テーマ

おすすめ記事