DS3クロスバック 価格299万円〜 新型コンパクトSUVの内装/サイズ/荷室/グレード

2019.07.10

DSのコンパクトSUV「DS3クロスバック」が日本発売されました。小型ながら、質感の高い内装と、最新の運転支援機能を搭載。日本仕様の実車写真をご紹介します。

最新のADAS搭載

DSオートモビルは、6月末に発売したコンパクトSUV「DS3クロスバック」の日本仕様車を、報道向けに披露した。新生DSオートモビルにとって、フラッグシップのDS7クロスバックに続く日本導入となる。

発表会に登壇したプジョー・シトロエン・ジャポンのクリストフ・プレヴォ代表取締役社長は「発売前のロードショーをDSのネットワークで行い、多くの受注を頂くことができました。DS7クロスバックが導入されて1年がたった今、抜きん出たデザイン、洗練さ、技術的コンテンツへのこだわり、そして素晴らしいコンフォート性能など、DSビークルはDSブランドの歴史を継続しています」とDSブランドを紹介。

「毎回新たな体験があることでしょう。DSのクルマに乗ると全ての感覚に発見があります。よく観察して試して、そして外出をしてください」と新型車を紹介した。

DS3クロスバックにこのセグメントで初採用されたリトラクタブル・ドアハンドルは、走行中はボディと面一になって収納される。キーを持った人が3m以内に近づくと検知し、1.5mまで近づくと自動的に4つのドアハンドルがせり出し、アンロックする仕掛けだ。

また、前走者や対向車の動きを解析し、自動調光を行うDSマトリクスLEDビジョンを搭載。先進運転支援機能については、サイクリストの検知に加え、片側の白線だけでも認識可能でレーン位置をキープするレベル2相当のDSドライブアシストを装備。アクティブセーフティブレーキ、ヘッドアップディスプレイも備わるなど充実している。

注目のサイズ/スペックは、下記の通りとなっている。

全長:4120mm
全幅:1790mm
全高:1550mm
最低地上高:185mm
ホイールベース:2560mm
車両重量:1270/1280kg

最高出力:130ps/5500rpm
最大トルク:23.5kg-m/1750rpm
エンジン:1199cc直列3気筒ターボ
トランスミッション:8速オートマティック
燃費(WLTC):15.9km/ℓ

DS3クロスバックは、次世代プラットフォーム「CMP」をグループPSAで初採用。将来のEVまで見据えたライドコンフォートを実現しているという。快適装備に関しては、DS独自構造シート、FOCAL Electra HiFi 12スピーカー、7インチ・タッチスクリーンなどを搭載。アップルカープレイ、アンドロイドオートにも対応している。

グレードは、「ビーシック」「ソーシック」「グランシック」の3車種を展開。内装については、ブラックダッシュボードにブラックファブリックシートの「モンマルトル」、ブロンズダッシュボードにバサルトブラックレザーシートもしくはブロンズファブリックシートの「バスチーユ」の2種類を用意した。

価格は以下のようになっている。

Be Chic:299万円
So Chic:357万円
Grand Chic:404万円

 
最新国内ニュース