EV版のボルボXC40 10月16日発表予定 デザインスケッチを公表

2019.10.03

サマリー

10月16日に発表予定となっている、ゼロ・エミッション版のボルボXC40のデザインスケッチを入手しました。ボルボ製コンパクトSUVがどのように生まれ変わるのでしょうか。

もくじ

不要となるフロントグリル
EV版でも安全性能は変わらない

不要となるフロントグリル

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

ボルボは10月16日に発表予定となっている、純EV版のXC40のデザインスケッチを発表した。純EV版XC40は、プラグイン・ハイブリッドのXC40 T5ツインエンジンに加わることになる。

スウェーデンを拠点に置くボルボは、2025年までに販売台数の50%以上を純EVとすることを目指している。フォルクスワーゲンはEV専用のモデルラインナップを計画しているが、ボルボの場合は既存モデルをEV化する戦略を立てている。

ボルボXC40 EV版デザインスケッチ
ボルボXC40 EV版デザインスケッチ

だが既存のエンジンモデルとの差別化を図るべく、XC40のEV版には多くのデザイン変更を与えるとしているボルボ。エンジンの冷却が不要となるため、大きなグリルも不要となるわけだ。

発表されたスケッチを見ると、クルマのフロント周りはそれを表している。ラジエターグリルだった場所には、他のEVのようにカバーパネルがはめられ、運転支援システムのセンサーが搭載されるという。リア周りはプラグイン・ハイブリッド版と同様に、給油リッドが付いていた場所が充電ソケットとなっている。

「グリルが不要となったことで、フロント周りはこれまでよりもクリーンでモダンなデザインを得ることができました。マフラーが不要となるリア周りも同様です。EVが一般化していく中で、われわれが探求すべきアプローチとなっていくでしょう」 とボルボのデザインチーフ、ロビン・ペイジは説明している。

EV版でも安全性能は変わらない

アルミホイールには新しく19インチと20インチのオプションが追加され、ボディカラーは8色を設定。インテリアでは「スポーティなディテール」を獲得したスタイリングと、リサイクル素材を用いたカーペットが特徴だという。

同時にEV専用に開発された「新しいドライバー・インターフェイス」も発表される予定。エンジンがなくなったことで、ボンネットの下に「フランク」と呼ばれる30Lのフロント・トランクが用意される点も面白い。

ボルボXC40 EV版デザインスケッチ
ボルボXC40 EV版デザインスケッチ

XC40はボルボでも最も人気の高いモデルのひとつ。EV版の技術的な詳細情報は10月16日までお預けとなるが、フロントとリアにモーターを1基づつ搭載し、バッテリーはフロア下に搭載される。現在のEVでは一般的なレイアウトといえる。

EV版でも、ボルボの特徴となる安全性に対する性能は変わらないとしている。「クルマを前進させる手段を問わず、エンジンでも電気モーターでも、ボルボのクルマは安全でなければなりません」 と、セーフティ部門のマリン・エクホルムは述べている。

XC40のフロント部分はボルボ製のコンパクト・モジュラー・アーキテクチャ(CMA)を採用しているが、エンジンがなくなることに合わせて再設計を受けている。

またユニークな安全構造も導入した。バッテリーを取り囲むアルミニウム製の構造で、ボディと一体となっている。バッテリーの周囲に唐突時の衝撃を吸収する空間を生み出すとともに、クルマの重心高も下げることができるという。

 

人気記事