新型フォルクスワーゲン・ゴルフ8代目 発表直前情報 後編 内外装/テクノロジー

2019.10.03

サマリー

今月中に発表予定の8代目フォルクスワーゲン・ゴルフ。後編は、デザインやインテリアについて聞いた話をまとめているほか、AUTOCAR記者による「8代目ゴルフが直面する問題」も掲載しました。

もくじ

デザインはこれまでの正常進化
インテリアは2段階の進歩
テクノロジーと環境性能はクラス最高に
8代目ゴルフが直面する問題

デザインはこれまでの正常進化

8代目ゴルフは、現行モデルのMQBプラットフォームを改良したものが使われる。前ストラット式、後マルチリンク式のサスペンションには、アダプティブ・ダンパーが組み合わされる。

新型の開発に関わっているエンジニアの話では、特にステアリングの精度に注力したという。現行型の電気機械式パワーステアリングは大幅に改良され、フィードバックとダイレクト感が向上するようだ。

すでに走行中の新型フォルクスワーゲン・ゴルフ試作車。
すでに走行中の新型フォルクスワーゲン・ゴルフ試作車。

新型ゴルフのデザインは、これまでの慣習どおり、先代から劇的に変わることはない。ポロ、ティグアンに続きVWで3番目に売れているこのモデルには、世界中に多くのファンがいる。その期待が裏切られることはないだろう。

ウェルシュは次のように語っている。「初代から2代目に変わったときと同じです。違いはとても小さく見えますが、明らかな進化を遂げています。よりダイナミックになります」

ウェルシュによれば、Cピラー上のルーフラインをわずかに低く、ベルトラインを高くすることで、よりダイナミックさが増したという。

「現在のゴルフは、水平方向を強調したデザインになっています。これは視覚的に速そうに見せるという効果があります。それをわたしたちは、さらにダイナミックにしました。しかし、ロゴを見なくても誰もがゴルフだとわかるでしょう」と、ウェルシュは語った。

VWは新しい電気自動車ブランドのIDに、従来のモデルとは差別化したデザインを与えようとしているにもかかわらず、ID.3のフロント・ライトのデザインは、新型ゴルフにも反映される。ウェルシュは、ボンネットの新しいロゴから左右に伸びるフローティング・ライトが、ゴルフにも採用されることを認めた。このエンブレムは、欧州以外では発光する仕組みを備えるが、欧州では法規制で認可されない。

インテリアは2段階の進歩

新型ゴルフのインテリアは、ウェルシュの言葉によれば「2段階」の進化を遂げるとのこと。これが目で見てわかる最大の変化になるだろう。

すでに公開されているスケッチに「実車もかなり近いものになる」と、ウェルシュは言う。このインテリアには、伝統的なコクピットに備わる要素の多くが見当たらない。メーター類はほとんどなく、代わりに2つの10インチ・スクリーンと、ヘッドアップ・ディスプレイが備わる。

新型フォルクスワーゲン・ゴルフ、内装の公式スケッチ。
新型フォルクスワーゲン・ゴルフ、内装の公式スケッチ。

「ボタンも減らし、音声コントロールを採用しました」と、ウェルシュは述べる。「すべて室内の雰囲気をより良いものにするためです。7色に変えられるアンビエント照明も装備し、クロームの加飾も増やしました。気に入っていただけると思います」

インテリアのデザインは明らかにID.3とは異なるが、シンブルにするという考え方は同じだ。無線アップデート機能などのコネクティビティも、同じものが採用されている。

開発に力を入れている機能の1つが、最大限に快適で安全なドライブを提供するための運転支援システムだ。ウェルシュは次のように説明する。「ゴルフは、いってみればミドル・クラスの中でも低めの位置に属するクルマです。そこにわれわれは、上級クラス並みのテクノロジーを導入します。たとえば、車両対車両あるいは車両対周囲をつなぐ情報伝達システムなどです」

新型ゴルフには、さらなる自動運転化技術も採用される見込みだ。また、カメラが捉えた周囲の様子をコクピットに映し出すエリアビューなどの機能も搭載される。

 

人気記事