【直4量産コンパクトSUV最強】メルセデスAMG GLA 45 S、421ps 内装/スペック ジュネーブ2020

公開 : 2020.02.26 11:32  更新 : 2020.02.26 11:50

新型ベンツGLAクラスに、「AMG GLA 45」が登場。「S」モデルは421psを発揮。量産の直4小型SUVでは最強のパワーを誇ります。

もくじ

GLA 45/45 S スペック
デザイン/シャシー
内装/予想価格は?

GLA 45/45 S スペック

独メルセデス・ベンツの小型SUV、新型GLAクラス(日本未導入)に、AMGブランドの高性能モデルが追加された。最上位グレードでは421psを発揮する「GLA 45」の登場だ。

2.0LのM139型ターボを搭載し、量産のシリーズ・プロダクションの4気筒モデルとしては最強の出力を得たことになる。

メルセデスAMG GLA 45 S 4マティック+
メルセデスAMG GLA 45 S 4マティック+

A 45、CLA 45に続いて、AMGの高性能コンパクト・モデルに新顔が加わったわけだ。

他の45シリーズと同じように、「GLA 45」は標準仕様では387psを発揮。トップ・モデルの「GLA 45 S」では34psが加わり、最高出力は421psまでアップする。

2車種のパフォーマンス・スペックは下記のとおりとなっている。

・GLA 45
最高出力:387ps/6500rpm
最大トルク:49.0kg-m/4750-5000rpm
最高速度:250km/h(リミッター)
0-100km/h加速:4.4秒

・GLA 45 S
最高出力:421ps/6750rpm
最大トルク:51.0kg-m/5000-5250rpm
最高速度:270km/h
0-100km/h加速:4.3秒

デザイン/シャシー

通常のGLAクラスから外観で変わった点は、パフォーマンス志向のデザインを採り入れたこと。具体的には、ボンネットの力強いパワードーム、膨らんだホイールアーチ、大きなエアインテークなどである。

トルクベクタリング機構を採用する可変AWDシステムを搭載し、左右の後輪に異なるパワーを配分することも可能。トランスミッションは8速デュアルクラッチ式で、全速度域にわたり高いレスポンスを誇る。

メルセデスAMG GLA 45 S 4マティック+
メルセデスAMG GLA 45 S 4マティック+

また、足まわりにはAMG専用のセッティングを施した。ロールの挙動を改善しつつ、限界域におけるコントロール性を向上。加速時のトルクステアを低減させたほか、ステアリングの応答性を高めている。

これ以外にも「レース・スタート」、「エコモード」といった機能を装備する。

内装/予想価格は?

インテリアは、AMGらしい仕立てとなっている。専用のステアリングにはドライブモード・ボタンや自由にカスタムできるショートカット・ボタンを搭載。

スポーツタイプのバケットシートが高性能モデルであることを主張し、デジタルメーターにはスポーツ・ビューも用意されている。

メルセデスAMG GLA 45 S 4マティック+
メルセデスAMG GLA 45 S 4マティック+

イギリス向けのGLA 45 Sの予想価格は5万2000ポンド(745万円)前後になるとAUTOCARは考えている。ヨーロッパの国々のショールームに並ぶのは夏になるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事