[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

マイナーチェンジ BMW X1 xドライブ25dに試乗 エクステリアを一新

2019.10.14

100字サマリー

BMW製のコンパクトなクロスオーバー、X1。エクステリアデザインが新しくなりインテリアの質感も一層高められました。しかしトップスペックのディーゼルは、X1の最有力ではないとする英国編集部。ミュンヘンで評価しました。

もくじ

ライバルはアウディQ3とレクサスNX
最高出力231psで、燃費は20.4km/L
親しみやすい乗り心地が欲しい
BMW X1 xドライブ25dのスペック

ライバルはアウディQ3とレクサスNX

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
2代目のBMW X1はかなりの大成功を収めている。2015年の発売以来、2009年に発表された先代を上回る販売台数を記録し、昨年だけでも28万台以上が世界中のオーナーへと渡っている。最大のライバルは、アウディQ3とレクサスNXとなるだろう。

そんなプレミアム・コンパクト・クロスオーバーという人気カテゴリーの成功モデルだからこそ、高い支持を持続することは難しい。エンジンの改良が必要となるほど環境規制は厳しくなり、明確に競争力のあるメルセデス・ベンツGLBも姿を表した。BMWはX1のマイナーチェンジの潮時だと判断したのだろう。

BMW X1 xドライブ25d
BMW X1 xドライブ25d

X1のモデル中期に与えられたデザイン上の変更は、従来のBMWの内容と比べると、かなり大幅と呼べるレベル。そもそも2代目X1のエクステリアデザインは、ライバルほどのビジュアルインパクトは備わっていなかった。

LEDヘッドライトの形状が一新し、キドニーグリルは主張が強くなった。フロントバンパーのデザインも新しくなり、フォグランプは円形から長方形へと変更。リアバンパーやLEDテールライトのデザインも更新され、新デザインのアルミホイールも設定された。

インテリアにも手が加えられ、より高級感漂う雰囲気を獲得している。インフォテインメント・システムはタッチモニター式の10.3インチ。ロータリーコントローラーに加えて、音声での操作も可能となっている。内装の素材も高品質なものに置き換えられている。

 
最新試乗記