【ブガッティT55に乗って56年】フィゴーニ社製ボディの麗しいレーサー 前編

公開 : 2020.03.22 07:50  更新 : 2020.12.08 10:55

ブガッティの偉大な万能選手で、カロッツェリアのフィゴーニ社製ボディをまとったタイプ55。レーサーとして活躍した後は、コンクール・デレガンスでは優勝。深い愛の中で保たれてきたヒストリック・レーサーをご紹介しましょう。

56年に渡って大切にしてきた前オーナー

text:Mick Walsh(ミック・ウォルシュ)
photo:Will Williams(ウィル・ウイリアムズ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
美しいフィゴーニ・エ・ファラッシ社のボディをまとう、ブガッティ・タイプ55ほど、ドラマティックな歴史を持つ、戦前のスポーツカーは珍しい。

オリジナルは、ル・マンでアルファ・ロメオと戦うために作られたマシンだった。後にフランスのコーチビルダーによって新しいボディが架装され、1930年代のコンクール・イベントで高い評価を集めてきた。

ブガッティ・タイプ55(1932年)
ブガッティ・タイプ55(1932年)

第二次大戦中に一度姿を消すが、1960年代初めに発見。英国のブガッティ愛好家、ジェフリー・スチュアート・セント・ジョンが素晴らしいツートンカラーの状態を保ってきた。

一度リビルトを受けており、最高速度177km/hのロードスターは、毎年ヨーロッパ中を数千km走ってきた。38台が作られたブガッティ・タイプ55の、どれよりも走行距離は多いはず。88歳でこの世を去るまで、56年に渡って美しいタイプ55のオーナーシップ・ライフを享受した。

彼は古くからのブガッティ・オーナーのスタイルを守った。細部までのメンテナンスやレストアを自身でこなし、積極的に運転を楽しみ、レースにも出場。命を落とす数ヶ月前まで、ブガッティ・オーナーの相談にも乗っていた。

英国でブガッティの維持保全活動をする、ブガッティ・トラストの駐車場には、定期的にセント・ジョンのタイプ55が停まっていた。晩年も。献身的なブガッティ・トラストのサポーターでもあった。

ル・マン出場を目指して生まれたタイプ55

筆者がブガッティ・トラストのあるプレスコットの丘を訪問して以来、彼はビンテージ・レーサーとして尊敬する1人になった。セント・ジョンが走り込んだタイプ55も、わたしのお気に入りのブガッティだ。

このブガッティ・タイプ55だが、作られた当初は今とはかなり異なるクルマだった。もともとは、長距離用のスポーツ・レーシングカーとして設計されたからだ。

ブガッティ・タイプ55(1932年)
ブガッティ・タイプ55(1932年)

1931年、ブガッティは2台のタイプ50でル・マン24時間レースに挑戦するが惜敗。エットーレ・ブガッティは新しくタイプ55を生み出し、1932年のル・マンへリベンジする。

だが、戦績が振るわなかった時にブガッティの評判が下がるのを恐れ、プライベートチームのクルマとしてタイプ55は登録された。ガイ・ボウリアト伯爵と、ポーランドの貴族、スタニスラウス・ツァイコフスキの2チームだ。レースで勝てば、ブガッティが表に出てくる算段だった。

コーチビルド・ボディをまとうタイプ55ロードーカーは、機能的なスタイリングを持つレーサーへと作り変えられた。タイプ50風の布が貼られたリアボディと、サイクルフェンダーを獲得。ボディサイドにはスペアタイヤが取り付けられ、ガソリンタンクと工具箱を後端に背負った。

24時間の耐久レースに備え、スポットライトとフロントガラスを追加。フェンダーも補強された。長い直線で最高速度を伸ばすため、リアアスクル・レシオは3.86:1へとロング化。燃料タンクのストラップも追加されていた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ブガッティの人気画像