【一挙にご紹介】2020年に登場予定の新しいモデル 7月分 後編

公開 : 2020.05.01 17:50

ピニンファリーナ・バティスタやフォルクスワーゲン ID.3など、昨年に続き、今年も魅力的な、注目の新しいモデルがたくさん登場します。今回は7月分の後編を、写真と共にまとめて一挙にご紹介します。

もくじ

レクサス LCコンバーチブル
メルセデスAMG GLE 63 S/GLE 63 Sクーペ
ピニンファリーナ・バティスタ
ポルシェ911ターボ/911ターボS
シュコダ・オクタヴィア/オクタビア・エステート
フォルクスワーゲン・ゴルフGTE
フォルクスワーゲン ID.3

レクサス LCコンバーチブル

長い間、開発中とされていた、BMW 8シリーズのライバルがついに販売される。

将来的に、V6搭載のハイブリッドバージョンが登場予定となっているが、当面は、V8最後の生産エンジンの1つである、LC500の自然吸気V型8気筒5.0Lエンジンが搭載される。

レクサス LCコンバーチブル
レクサス LCコンバーチブル

メルセデスAMG GLE 63 S/GLE 63 Sクーペ

新しい第2世代GLEの高性能バージョンと、その兄弟モデルは、AMGツインターボチャージャー付き4.0LガソリンV8と、48Vを組み合せたマイルドハイブリッド・システムとなる。

612psを出力するSバージョンが、英国で提供される唯一の仕様となる。

メルセデス GLE 63 Sクーペ
メルセデス GLE 63 Sクーペ

9速オートマティック・ギアボックス、フルタイム4WD、可変エアサスペンションとアクティブ・ロール・スタビライザーを備え、7つの走行モードに対応している。

ピニンファリーナ・バティスタ

ピニンファリーナ・バティスタは、電動ハイパーカーから、パフォーマンスに焦点をあてた高級SUVまでの、同社のラインナップを代表するモデルとなる。

テクノロジーの多くは、リマックによって開発され、フォーミュラEレーサーのニック・ハイドフェルドからのアドバイスを受け、調整が行われている。

ピニンファリーナ・バティスタ
ピニンファリーナ・バティスタ

0-97km/h加速は2秒未満、最高速度350km/h、驚異の1927psを出力する、イタリアの最強のロードカーと言われている。

ポルシェ911ターボ/911ターボS

新しい911ターボは、ポルシェのフラッグシップ・スポーツカーのより高速で高価なバリエーションとなる。

609psの3.8L水平対向6気筒エンジンを搭載し、320km/hを超える実力を備える可能性が高い。

ポルシェ911ターボS
ポルシェ911ターボS

新しいリアエンドとホイール、クアッド・エグゾースト・システムなど、スタイリングの変更も加えられる。

シュコダ・オクタヴィア/オクタビア・エステート

シュコダのベストセラーモデルのエステートバージョンは、これまで長い間、ゆったりとしたインテリアスペースを持つ、手頃な価格のファミリーカーとして人気を集めてきた。

新しい4代目モデルは、ハッチバック・モデルと同様のアップデートが加えられる。

シュコダ・オクタヴィア
シュコダ・オクタヴィア

エステートは、スタイリングが一新され、トランクスペースが30L追加されるなど、サイズが大幅に大きくなっている。

パワートレインには、204psを発揮する、初のプラグインハイブリッドが含まれる。

ただし、リアに搭載されたバッテリーにより、ラゲッジスペースが大幅に減少すると言われている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事