セアト・レオン・クプラRを初キャッチ

公開 : 2013.09.26 16:00  更新 : 2017.06.01 02:15

セアト・レオン・クプラRの写真を初めて捕らえることに成功した。

このクプラRは、300bhpのエンジンを搭載するレオンのトップ・パフォーマンス・モデルだ。エンジンはフォルクスワーゲン・ゴルフGTIにも積まれるEA888で、これを300bhpにまでチューニングして搭載。ギアボックスはデュアル・クラッチが組み合わせられる。

パフォーマンスは、0-100km/h加速が5.0秒、トップ・スピードは250km/hとなる。

このクプラRには、ドライビングをシャープにする”クプラ”ドライビング・モードが与えられているのが特徴だと、関係筋はコメントしている。

エクステリアでは、クワッド・エグゾースト、低められたサスペンション、スポーティなボディ・キットが取り付けられ、インテリアではスポーツ・シートはスポーティなトリムが特徴となる。

現時点ではボディは3ドアおよび5ドアが計画されているようだ。インターネット上の噂では2014年のラウンチが予想されている。

新しいスタンダードなレオンはFWDのみの設定で、トップ・モデルには265bhpの2.0ℓターボ・ユニットが搭載される。エステート・モデルのレオンSTは4WDが採用される予定だが、このモデルが英国に提供されるかどうかは現時点で不明。また、セアトはアウディ・オールロードのようなスタイルを持つSTも計画しているようだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事