北京モーターショー:ホンダ・コンセプトC、コンセプトS

公開 : 2012.04.24 20:31  更新 : 2017.06.01 00:55

ホンダは北京モーターショーで2台のコンセプトカーを発表した。

コンセプトCは格安のモデルで、世界的な小型車を目指す。コンセプトCのCはクール、チャレンジ、チャイナの頭文字で、ドラゴンにインスピレーションされたデザインを特徴とする。そのデザインは、中国と日本のコラボレーションだ。

コンセプトCの生産版は、中国の市場のためだけに来年生産が開始されることとなる。

一方、コンセプトSは世界で販売されるモデルであるが、主に中国市場がマーケットとなる。Sはスタイリッシュ、スマート、サプライズの頭文字だ。

また、近々発売が予定されている新しいクリモ・サルーンは、東豊とホンダの合弁会社で生産される新しいモデルで、1.8リッターのi-VTECエンジンが搭載される。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事