【航続距離は600kmに?】アウディ、2022年にeトロン改良か 新型バッテリー&モーター搭載

公開 : 2021.06.28 18:05

アウディは電動SUVのeトロンを改良して航続距離を延長し、加熱する市場での競争力を強化する計画です。

主力の電動SUVにテコ入れ

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

アウディは、2022年後半のモデルチェンジで、電動SUVのeトロンおよびeトロン・スポーツバックに新世代のバッテリーを搭載し、航続距離を延長する計画だ。

このアップデートは、少なくとも2025年まで同モデルの寿命を延ばすことを目的としており、その後、Q8 eトロンと呼ばれる可能性のあるニューモデルに置き換えられる予定だ。

アウディeトロン・スポーツバック
アウディeトロン・スポーツバック

新しいバッテリーに加えて、より効率的な電気モーターと、エネルギー回収能力の向上などを実現する電子システムが搭載される。

アウディ社内の関係者の話では、このパワートレインの改良により、航続距離は両モデルともに600km以上になるという。一方、現在使用している95kWhバッテリーの最大航続距離は400kmだ。

Q6 eトロンは後継ではない?

アウディのEVシリーズ最初のモデルであるeトロンとeトロン・スポーツバックは、英国ではそれぞれ2019年と2020年に発売された。もともとICEモデルのために開発されたMLBプラットフォームの改良版をベースにしており、完全にEVに特化して作られたものではなく、本質的に妥協したものになっている。

両モデルは、アウディとポルシェが共同開発した新しいEV専用のPPEプラットフォームをベースにしたQ6 eトロンの登場が待たれる中でのアップデートとなる。

アウディeトロン
アウディeトロン

アウディの幹部はAUTOCARに対し、次のように語っている。

「SUVのeトロンとeトロン・スポーツバックについては、フェイスリフトが行われます。両モデルとも、競争力をさらに高めるために、いくつかの技術的なアップデートで大幅に強化されます」

今年4月に上海モーターショーで存在が確認された新型Q6 eトロンは、2台の後継モデルになるのではないかと言われていた。しかし、Q6 eトロンは、通常のSUVとクーペ風のスポーツバックスタイルを導入する一方で、現在のeトロンよりも小型であるとされている。

今回の情報提供者は、「Q6 eトロンは、eトロンおよびeトロン・スポーツバックとは異なる市場セグメントで競合します。サイズは現在のQ5とほぼ同じですが、専用のプラットフォームを採用することで、Q7と同様の室内空間や積載スペースを確保することができます」と述べている。

さらに、来たるべき電動ポルシェ・マカンと並行して開発されているQ6 eトロンは、2023年の発売を予定しているという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事