【話題】五輪 過酷な自転車競技に特殊カローラ・ツーリング 「かっこいい」の声

公開 : 2021.07.27 11:40  更新 : 2021.07.27 14:30

特別なクルマたち まだ見られる?

ところで東京2020の自転車競技やそれらを支える車両は今後、また見られる機会はあるのだろうか?

答えはYES。7月24〜25日のロードレースは終わってしまったが、7月28日(水曜日)には個人タイムトライアル(男女)競技が予定されている。

7月28日(水曜日)には個人タイムトライアル(男女)競技が予定されている。ふだん見ることのない特別な車両に目を向けるのも、公道レースならではの楽しみ。
7月28日(水曜日)には個人タイムトライアル(男女)競技が予定されている。ふだん見ることのない特別な車両に目を向けるのも、公道レースならではの楽しみ。    加藤博人

富士スピードウェイを中心に周辺の道路で自転車競技やサポート車両の雄姿を見ることができるはずだ(まったく同一の車両かどうかは不明)

個人タイムトライアルの総走行距離は男子44.2km、女子22.1kmで富士スピードウェイの中には入れないが、周辺の公道では密を避けての観戦も可能だ。

さらに9月1日~3日に開催される「パラリンピックロードレース」は富士スピードウェイをスタート・ゴールとして小山町内の公道を含む約13.2kmのコースで競技がおこなわれる予定である。

いずれも沿道での観戦する場合は、密をさけてマスク着用、大声での応援を控えることなどがマスト事項だ。

クルマ好きは、ふだん見ることのない特別な車両に目を向けるのも、公道レースならではの楽しみだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

トヨタ カローラの人気画像

×