ミニ・コンバーチブル(4) 長期テスト ヒーター全開でオープンドライブ 

公開 : 2021.12.19 09:45

登場から7年が経過し、アップデートされたミニ・コンバーチブル。従来どおりの楽しさなのか、英国編集部が確かめます。

積算7563km ロータリー・コントローラーが欲しい

現代のモデルとして、ミニで残念な部分の1つがインフォテインメント・システム。大きな丸いフレームに四角いタッチモニターが収まっているのは悪くない。その下にアイコンが並ぶタッチセンサーも。ソフトウエアは洗練され、動きも速い。

だが、ロータリー・コントローラーと、実際に押せるショートカット・ボタンは欲しい。運転中でも、前方から視線を長時間そらさずに簡単な操作はできるようになる。

ミニ・コンバーチブル・クーパーS エクスクルーシブ DCT(英国仕様)
ミニ・コンバーチブル・クーパーS エクスクルーシブ DCT(英国仕様)

積算7724km コンバーチブルは夏のクルマ

AUTOCAR読者の皆さんは、冬という季節はお好きだろうか。筆者は12月生まれだが、あまり好きでない。

英国の冬は雨がちで外は薄暗く、楽しいできごとも減る。そんな気持ちは、ミニ・コンバーチブルに乗ってから、より強くなったように思う。

ミニ・コンバーチブル・クーパーS エクスクルーシブ DCT(英国仕様)
ミニ・コンバーチブル・クーパーS エクスクルーシブ DCT(英国仕様)

コンバーチブルは、やはり夏のためのクルマだ。陽気な雰囲気を持つミニの場合、より一層その色合いは強くなる。実際に暖かい時期は、多少の霧雨くらいでもソフトトップを開いて毎回運転していた。

しかし秋が過ぎ、最近はめっきり寒い。ソフトトップを開く元気は出てきにくい。長期テストのためにオープン状態の写真を撮影したが、いかにも寒そうな筆者の表情に、カメラマンは笑っていた。

窓を閉めてヒーター全開なら寒くても平気

しかしこの撮影のおかげで、シートヒーターを1番暖かい設定にして、エアコンのヒーターも強く効かせれば、耐えられなくもないことがわかった。半袖Tシャツを着ていなければ。

ただし、この季節にソフトトップを全開にして楽しそうに乗っていると、変わり者に見えるかもしれない。英国では。

ミニ・コンバーチブル・クーパーS エクスクルーシブ DCT(英国仕様)
ミニ・コンバーチブル・クーパーS エクスクルーシブ DCT(英国仕様)

ミニ・コンバーチブルは、サイドウインドウを閉めると、走行中に車内へ巻き込んでくる風が驚くほど少ない。暖かい空気をかき乱されずに済む。これにステアリングホイールのヒーターを追加すれば、悪くないドライブを楽しめそうだ。

反面、ソフトトップを閉じた状態では、ハッチバックのミニより印象が優れないことも事実。黒いファブリック製ルーフが低い位置に来て、リアのサイドウインドウが小さいため、車内は少々窮屈に感じられてしまう。特にリアシート側が。

長期テストのミニ・コンバーチブルを借りた英国編集部の同僚の1人も、英国南部のバークシャー州でオープンドライブを楽しんだようだ。178psのクーパーSだから、パワフルな動力性能とオープンとの組み合わせが、爽快だったと話していた。

特にスポーツ・モードを選ぶと、操縦性がグッと鋭くなる。同時に、郊外の道や市街地に関係なく、驚くほど硬い乗り心地に不満も漏らしていた。筆者と同様に。

記事に関わった人々

  • 執筆

    クリス・カルマー

    Kris Culmer

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

長期テスト ミニ・コンバーチブルの前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ミニ 3ドアの人気画像