新型 スズキSクロスへ英国試乗 骨格は先代と同じ 好印象な乗り心地

公開 : 2021.12.19 08:25

スズキのクロスオーバーが3代目へ一新。車内の古さは隠せないものの、好印象な乗り心地を英国編集部は評価します。

基本的な骨格やサイズは先代と同じ

フェイスリフトとは、どこまでを指すべきなのだろう。フェラーリF8 トリブートは、488のフェイスリフト版ではないといえる。そのフェラーリ488も、458 イタリアのフェイスリフト版だと見られることはないだろう。

だが実際のところ、基本的な構造やプロポーションは共通している。インテリアまわりも同様だ。

スズキSクロス 1.4ブースタージェット・マイルドハイブリッド・ウルトラ・オールグリップ(英国仕様)
スズキSクロス 1.4ブースタージェット・マイルドハイブリッド・ウルトラ・オールグリップ(英国仕様)

では、この新しいスズキSクロスはどうだろうか。SX4時代から数えると、3代目となるモデルだ。

一見すると、かなり新しく見える。フロントマスクは別物だし、ボンネットのラインも高い。全体のスタイリングもエッジが効いていて、LEDヘッドライトがシャープだ。サイドウインドウ後端の形状も異なる。

テールライトのデザインも2021年的で、先代の面影はないと感じられる。しかしパネル類の主要な接合位置など、ハードポイントと呼ばれる部分が、実は同じ。ボディサイズも変わっていない。

基本的な構造がそのままだという事実は、車内を見ればより明確。ダッシュボードはソフト加工が施され、新しいインフォテインメント用モニターが与えられているものの、それ以外は2013年に発表された先代のSX4 Sクロスと明確な違いはない。

台数が少なく、丁寧な仕立てが施されるスーパーカーのフェラーリなら良いかもしれない。2022年以降の厳しい競争に、新しいSクロスは耐えることができるだろうか。

充実した装備に魅力的な価格設定

追加された車内装備で挙げるべきは、アップル・カープレイとアンドロイド・オートに無線で対応したインフォテインメント・システムだろう。タッチモニターは7.0インチか9.0インチが設定される。

システムとしてはベーシックなもので、レスポンスが良いというわけではない。でも、強く不満を感じるほどではないだろう。

スズキSクロス 1.4ブースタージェット・マイルドハイブリッド・ウルトラ・オールグリップ(英国仕様)
スズキSクロス 1.4ブースタージェット・マイルドハイブリッド・ウルトラ・オールグリップ(英国仕様)

メーターパネルは、中央に小さなモニターが埋め込まれたアナログタイプ。車内を見渡すと、プラスティック製であることを隠さない部分が多い。

スズキは、このSクロスのライバルを日産キャシュカイやセアト・アテカに設定しているが、車内の雰囲気を知ってしまうと少々の高望み感が否めない。とはいえ、価格設定は魅力的だ。

英国でのエントリーグレードとなるモーションで、2万4999ポンド(約379万円)から。包括的な運転支援システムに加えて、LEDヘッドライトに2ゾーン・エアコン、シートヒーターとキーレスエントリーなどが付いており、装備は充実している。

ルノー・アルカナなら、オプションとなるものも含まれている。一方で、運転支援システムに多少の妥協を許せるなら、ダチア・ダスターという強敵が欧州にはいる。

英国価格2万9799ポンド(約452万円)のウルトラ・グレードでは、スズキがオールグリップと呼ぶ四輪駆動と、ひと回り大きなタッチモニターを獲得。レザーシートにサンルーフ、駐車時の360度カメラなども装備される。

記事に関わった人々

  • 執筆

    イリヤ・バプラート

    Illya Verpraet

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

スズキの人気画像