ミニ・コンバーチブル(最終) 長期テスト 夏を完璧に過ごせるクーパーS

公開 : 2022.01.09 09:45

登場から7年が経過し、アップデートされたミニ・コンバーチブル。従来どおりの楽しさなのか、英国編集部が確かめます。

積算7805km 爽快なオープンドライブ

年末年始は忙しい。2020年に巻き起こったパンデミックの終焉を、2021年にみんなで祝うことができなかったという、残念な気持ちも拭えない。

だが筆者の場合、憂鬱な気分は夏を境に少し上向きになった。開放的なソフトトップと活発なパフォーマンスを備えた、ミニ・クーパーS コンバーチブルの長期テスト担当者に選ばれたからだ。

ミニ・クーパーS コンバーチブル・エクスクルーシブ DCT(英国仕様)
ミニ・クーパーS コンバーチブル・エクスクルーシブ DCT(英国仕様)

このミニがやって来た時、どれだけ夏が楽しいものになるのか確かめようと考えていた。2021年の英国の夏は期待ほど天候に恵まれなかったものの、それでも充分に魅力を理解することはできた。

長期テストで、一番のハイライトは友人を訪ねる目的で英国中心部に位置するピーク・ディストリクト国立公園を走った時。落ちてくる雨がやみ、灰色の空が青く変わることを期待しつつ、ロンドンからミニ・コンバーチブルで北上した。

実際、その走りは爽快だった。雨は降ったりやんだりだったものの、ソフトトップはできるだけ開いた状態を保った。

秋が来て肌寒くなっても、シートヒーターとエアコンを全開にすれば、オープンでも耐えられることを発見。週末のジム通いや犬の散歩など、日常的にも可能な限りオープンで走ってきた。

ドライバーへの訴求力が高いクーパーS

明るいゼスティ・イエローのボディカラーということもあって、ミニは意外と多くの人の視線を集めた。少し派手すぎるかもしれないが、筆者は気にしない。少なくとも、見る人を笑顔にはしてくれる。

ポップなミニ・コンバーチブルだから、ドライバーも優しいと思ってもらえるのだろう。人生で初めて、ヒッチハイカーを乗せることにもなった。

ミニ・クーパーS コンバーチブル・エクスクルーシブ DCT(英国仕様)
ミニ・クーパーS コンバーチブル・エクスクルーシブ DCT(英国仕様)

英国では600ポンド(約9万円)のオプションとなる、ハーマン・カードン社製のステレオは、ドライブを充実したものにしてくれた。近隣の住民へは、フィル・コリンズを必要以上に聞かせてしまったかもしれないが。

天候に関係なく、コンバーチブルは運転が楽しいと思える。さらにこのミニはクーパーSだから、よりドライバーへの訴求力を高めてある。

ステアリングはしっかりした感触が心地よく、反応は正確。フロントノーズが積極的にクルマの向きを変えていき、とても機敏に感じられる。コーナーを飛ばせば、勢いよく頂点めがけて食らいつく。

交通量の多い市街地の道でも、機敏な身のこなしは有効。マツダMX-5(ロードスター)ほど、操縦の自由度はないかもしれないが、これでも構わない。

エンジンはBMW製の2.0L 4気筒ターボガソリン。最高出力178psと、充分なエネルギーを生み出してくれる。トランスミッションは、筆者はATよりMTの方が好みではある。

記事に関わった人々

  • 執筆

    クリス・カルマー

    Kris Culmer

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

長期テスト ミニ・コンバーチブルの前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ミニ 3ドアの人気画像