15th VW AUTUMN (VWオータム) in 京都

2014.09.14

text & photo:WOLFSBURG KIDS (ウォルフスブルグキッズ)

 
空冷VW愛好家にとって、秋の訪れを告げる恒例イベントとなりつつある、ウォルフスブルグキッズが主催する「15th VW AUTUMN 2014 in 京都」が、今年も9月14日に京都市右京区の嵐山-高雄パークウェイの菖蒲谷大駐車場で開催された。

当日は晴天に恵まれ三連休の中日ということもあり、近畿や中部地方を中心に、九州や関東地方からも多くの参加車が訪れた。メイン会場は昼前には満車となる盛況ぶりで、最終的には過去最高の約350台ものVWが集まった。

当日はフリーマーケットも30軒以上出店され、パーツやアンティーク雑貨の掘り出し物を探す来場者でにぎわっていた。また午後からはステージで参加者全員でのジャンケン大会や、全車を対象としたアワードの発表もあり、大盛り上がりとなった。

周囲を山々に囲まれた会場は、バーベキューサイトや水遊びのできるせせらぎもあり、ワーゲンを所有していない方や、家族連れでも1日楽しめることができるのが、このイベントの特徴である。

  • 会場となった嵐山-高雄パークウェイの菖蒲谷大駐車場は様々なフォルクスワーゲンで埋め尽くされた。

  • ヴィンテージ・ビートルはオリジナル指向だけではなく、進化したキャルでカスタムされたものも多い。

  • 当日はVWを楽しむには最高の天気だった。こちらはタイプ2をメインとしたエリアで、その数にビックリ。

  • タイプ2の楽しみ方も様々。限界までローダウンされた姿はカーショーには欠かせない。

  • その昔、1日に7色のビートルを見るとラッキーといわれたが、ここでは何色あるか分からないほどだ。

  • 今年の”BEST VW AUTUMN”を獲得したのは、さりげなくカスタマイズされたカルマン・ギア・タイプ3だった。

  • 子供たちの遊び場もビートル。子供たちはお絵かきワーゲンを相手に真剣にアーとしていた。

  • サビサビのボロルックを突き詰めたビートルは、ロワード+ナロードのモディファイで迫力満点

  • カスタムが多い中、ノーマルでも楽しめるのがビートルの楽しいところ。この1302は千葉県から参加。

  • タイプ2はあらゆるタイプが集まった。こちらは貴重な救急車仕様で回転灯などの装備もそのまま残る。

  • タイプ2の進化型のT2も、コマーシャル・バンからウエストファリア・キャンパーまでの各タイプが勢揃い。

  • VWイベントに欠かせぬ役者がキューベル・ワーゲンの子孫たるタイプ181だ。ここでも存在感を放っていた。

  • オリジナルを良く保ったタイプ3セダンを発見。マルーンぽいレッドが’60年代らしさを強調する。

  • さり気なくキャル化され、ライトブルーが似合うタイプ3ヴァリアントは、広島からの参加。

  • 水冷エンジンだが、ビートル・ファミリーの一員としてニュー・ビートルの姿も見られた。

  • さらには最新型のザ・ビートルも来ていた。クルマは新しくてもビートル・オーナーに変わりなし。

  • 会場じっくり見てゆくとフォルクスワーゲンの中に、親族といえるポルシェ356も来場。

  • 午後にはステージで参加者全員で豪華賞品争奪のジャンケン大会が行われ、大いに盛り上がった。

  • 今回はフリーマーケットが30軒以上出店し、お宝パーツやアイテムを探す来場者でにぎわっていた。

  • フォルクスワーゲン・オーナーにおなじみのフラット4も出店し、参加者の人気を集めていた。

  • VWオータム恒例のエンジン・フードを使った受付サインは今年も健在で、参加者を出迎えてくれた。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事