【販売目標たったの600台】トヨタ・グランエースの存在意義 「無くてはならない」理由を試乗で探る

2020.09.30

サマリー

今回はちょっとめずらしいクルマの試乗記です。トヨタ・グランエース。年間販売目標は600台。「箱っぽい」クルマは多いけれど、しかしグランエースならではの存在意義がありました。渡辺敏史のレポートです。

もっと深堀り

 
最新海外ニュース

人気記事