【グランエース、キャンピングカーに】ポップアップルーフ搭載、トイファクトリー・アーバン・キャンパー JCCS2020

公開 : 2020.02.01 15:05  更新 : 2021.10.11 11:29

トヨタ・グランエースの屋根が開きました。キャンピングカーショーに展示中の「アーバン・キャンパー(トイファクトリー)」、実車写真をご覧ください。

ジャパンキャンピングカーショー2020

text&photo:Hidenori Takakuwa (高桑秀典)、編集部

千葉県・幕張メッセで開催中のジャパンキャンピングカーショー2020。トイファクトリーのブースでは、2020年5月初旬以降に発売予定のコンセプト・モデルが話題となっている。

昨年12月に発売されたトヨタの大型プレミアムワゴン、「トヨタ・グランエース」にキャンピングカーの居住性をプラスした「アーバン・キャンパー」だ。

トヨタ・グランエースにポップアップルーフを採用したトイファクトリー・アーバン・キャンパー
トヨタ・グランエースにポップアップルーフを採用したトイファクトリー・アーバン・キャンパー

今回が国内初披露で、全長5mを超える大きな車体のまわりには、カメラを構えた来場者が絶えず行き来している。現時点で価格は未定。

大人2名がごろ寝

グランエースは、余裕のある走りをもたらすトルクフルなディーゼル・パワートレイン、大人6名(Gグレード:8名)がゆったり過ごせる広々した室内空間、そして、ラグジュアリーなシートなどを装備した、ロングドライブも快適に楽しめる優れたコンフォート性を特徴としている。

そのグランエースが有している快適な室内装備はそのままに、トイファクトリーが製作した「アーバン・キャンパー」では新たにポップアップルーフを装備。

トヨタ・グランエースにポップアップルーフを採用したトイファクトリー・アーバン・キャンパー
トヨタ・グランエースにポップアップルーフを採用したトイファクトリー・アーバン・キャンパー

ルーフ上に大人2名が就寝できるベッドルームが確保されている。

回転シートも検討中

関係者に聞いたところ、「アーバン・キャンパー」の量産モデルでは、フルフラットシートや回転シートを備えるシートレイアウトも採用予定だという。

利便性を損なうことなく車中泊機能が追加されているので、日常からロードトリップまでの幅広いシチュエーションで、グランエースをパートナーとした快適な旅を楽しむことができるだろう。

トヨタ・グランエースにポップアップルーフを採用したトイファクトリー・アーバン・キャンパー
トヨタ・グランエースにポップアップルーフを採用したトイファクトリー・アーバン・キャンパー

ジャパンキャンピングカーショー2020は、2月2日まで開催している。

記事に関わった人々

  • 高桑秀典

    Hidenori Takakuwa

    1971年生まれ。デジタルカメラの性能が著しく向上したことにより、自ら写真まで撮影するようになったが、本業はフリーランスのライター兼エディター。ミニチュアカーと旧車に深い愛情を注いでおり、1974年式アルファ・ロメオGT1600ジュニアを1998年から愛用中(ボディカラーは水色)。2児の父。往年の日産車も大好きなので、長男の名は「国光」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

トヨタ グランエースの人気画像