ベントレー・コンチネンタルGTスピード

それ以外は、深みのあるクロームや、マシニングされたアルミに覆われている。もちろんコーチビルドカーではないが、細やかなところまで考えぬかれ、仕上げられている。

ただしあたらしいインフォテインメント・システムへの交換は必須だ。車両価格に対して動作はかなり鈍い。

一方、実用性はベントレーの隠れた魅力のひとつだ。荷室の横幅こそ小さいものの、大人でさえ後席にはちゃんと座れる。旅行かばんだって、むりに押しこまずともすっぽりと飲みこんでくれる。

■「買い」か?

時間はすべてを変えてしまう。すぐれたワインやチーズのように、元がよければ、大抵のものはさらによくなる。コンチネンタルGTもまた、初代よりはるかに成熟した。

燃料消費率がわずかによくなったことで、(特にこのカテゴリーでは)購入の決定的な動機になることはないだろうが、以前よりも確実に脂がのったモデルになった。

(ジョン・ハウエル)

ベントレー・コンチネンタルGTスピード

価格 £168,300(3,082万円)
最高速度 332km/h
0-100km/h加速 4.0秒
燃費 6.8km/ℓ
CO2排出量 338g/km
乾燥重量 2320kg
エンジン V型12気筒5998cc
最高出力 635ps/6000rpm
最大トルク 83.9kg-m/2000rpm
ギアボックス 8速オートマティック


▶ 海外初試乗 / ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sクーペ
▶ 海外初試乗 / ベントレー・コンティネンタルGTスピード
▶ 国内初試乗 / ベントレー・コンティネンタルGT3-R
▶ 海外初試乗 / ベントレー・コンティネンタルGT3-R
▶ 海外初試乗 / ベントレー・コンティネンタルGTスピード・コンバーチブル
▶ 海外初試乗 / ベントレー・コンティネンタルGTCスピード
▶ 海外初試乗 / ベントレー・コンティネンタルGTスピード
▶ カーレビュー / 中古車対決! ポルシェ911 vs ベントレー・コンティネンタルGT

 
最新試乗記

人気記事