海外ニュース

2013.11.01

空飛ぶ自動車、スカイランナー発売

空を飛ぶことができる自動車、スカイランナーが今週発売される。価格は$119,000(1,167万円)。フロリダでデビューした後、2014年中にファースト・デリバリーが開始される。

このスカイランナーは、トラディショナルな固定翼の代わりに、パワード・パラシュートを持ち、3分以内に走行モードから飛行モードへと移行することが可能。エンジンは、123bhp、20.5kg-mのパワー、トルクを持つ1.0ℓのフォード・エコブーストが搭載される。

重さは420kg。0-96km/h加速は4.3秒という俊足ぶりを見せる。速度は空中で89km/h、地面で185km/h。空中では321km、地面では800kmの航続距離を持つという。

飛行状態では、ドライバー(パイロット?)は、ピットとロールを制御する2つのエクストラ・コントロールを使用する。制限は、高度が10,000フィード(3000m)に制限され、昼間のみの飛行となることだ。

スカイランナーを飛ばすための免許は12時間のレッスンで取得することができるという。

会社の創設者、スチュウェット・ハメルは、「たった3分で飛行モードに変わるクルマを想像したことがあるだろうか。その夢が現実となったのがスカイランナーなのだ。」とコメントしている。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ