ジャガーXJサルーン、フェイスリフト

公開 : 2013.11.02 18:00  更新 : 2017.06.01 02:15

デビューして4年目となるジャガーXJがフェイスリフトを受ける。前後を深いカモフラージュされたモデルが、英国中部で目撃されている。

フロントは、現在のモデルよりもダウンサイズされ、彫りも浅くなっている。また、エア・インテークは若干大きくなり、クリアなデザインとされた。ヘッドランプには変更がないようだ。

リアはバンパーの下部のエグゾーストを含むインサートが変更されるに留まる。

エンジンは、237bhpの2.0ℓ4気筒ターボがベーシックとなるが、JLRの新しいホットファイア4気筒エンジンは2015年前半のデビューの予定だ。

1月から9月の間のセールスは、2012年の同時期に較べてジャガーは23%増しの14,766台のXJを販売した。その売上の多くは、中国でのセールスだ。

関連テーマ