トヨタ、「都会のアウトドア派」向け小型SUV「FT-4X」をニューヨークで公開 狙いはミレニアル世代

2017.04.13

サマリー

トヨタは、ちょっとFJクルーザーを思い起こさせる「FT-4X」をニューヨークで公開します。ただしこれ、小型のSUV。ターゲットは「都会のアウトドア派」なんだとか。

外観は「手軽さ」や「カジュアルさ」を表現

トヨタは、ニューヨーク・モーターショーにおいて、あらたなコンセプトカー「トヨタFT-4X」を世界初披露する。アウトドア・シーンを中心にクルマの新しいあり方を提案する小型SUVベースのデザイン・コンセプトなのだという。

アメリカのデザイン拠点Calty Design Research, Inc.(以下、Calty)が手がけた車両で、米国において、「手軽さ」や「カジュアルさ」を好み、思い立ったらすぐにアウトドアに出かけたい都市部在住の「ミレニアル世代」をターゲットとする。

「ミレニアル世代」とは? 目に見える特徴は?

「ミレニアル世代」とは、30代半ばまでの若者世代のことを意味する。この世代をターゲットに想定して企画したのだそうだ。

デザイン・テーマは「Rugged Charm(頑丈で魅力的)」。エクステリアは「X(エックス)」をモチーフにしたスタイリングとしつつ、グリルは水平基調を採用してトヨタの伝統的なSUVデザインも踏襲。

また、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーのプラットフォームを採用し、4WD性能も搭載することで、タフ・ユース性能も備えるのだそう。

 
最新海外ニュース

人気記事