次期型ルノー・キャプチャー、テスト目撃 発売は2019年 PHEVも検討か

2018.09.26

サマリー

ルノーはクリオに引き続き、人気のクロスオーバーモデルであるキャプチャーを来年モデルチェンジします。それに先駆け、テストカーが初めて目撃され、そのスタイリングが確認できました。内装には外装以上に多くの手が加えられるようです。

もくじ

2019年半ばに発売へ
ハイブリッドも開発中

2019年半ばに発売へ

ルノーは人気モデル「キャプチャー」の次期型を開発中だ。新たなスパイショットにより、新型クロスオーバーのデザインが初めて明らかになった。

5世代目クリオとプラットフォーム共有するこのクルマは、日産ジュークやプジョー2008をライバルとして来年中頃に発売予定だ。テストカーには厳重な偽装が施されていたが、正常進化したといえるスタイリングが確認できた。

特徴的なフロントエンドの造形や大型のルノーバッジがはっきりと確認できる。またボンネットのラインは大型SUVのカジャーの影響を感じさせるものだ。ウエストラインやショルダーラインはカモフラージュに隠されていた。

新型クリオと同様、ルノーはキャプチャーのエクステリアよりもインテリアに力を入れているようだ。ルノーにとってBセグメントのテクノロジーを向上させることは優先課題であり、新型メガーヌにもテスラのようなインフォテインメントシステムが装着されている。日産のプロパイロット・システムとも共通の半自動運転装備が取りつけられ、プレミアムブランドに対抗する。

 
最新海外ニュース

人気記事