BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外ニュース

2019.01.18

ゴーン元会長に、Nissan-Mitsubishi B.V.から9.7億円の不正支払い 日産が報告

編集部より

カルロス・ゴーン元会長の不正行為について、日産と三菱自による共同調査の結果が発表されました。NMBVから、約9.7億円の支払いを不正に受けていたと発表されています。

2018年4月から11月に支払い

日産は、三菱自と共同で、元代表取締役会長カルロス・ゴーンによるNissan-Mitsubishi B.V.(以下、「NMBV」)における不正行為に係る調査を進め、ゴーンがNMBVから不正に金銭の支払いを受けていたことが、現時点で確認されたと発表した。

NMBVは、日産と三菱自の協業によるシナジー創出の促進を目的としたオランダ法人として、両社の折半出資により2017年6月に設立。ゴーンは、同社の取締役に就任した。

今回の共同調査において、ゴーンは独自にNMBVと雇用契約を締結していたことが判明。また、この雇用契約に基づく報酬とされるものを含め、2018年4月から11月の期間に、ゴーンが、NMBVの資金から総額7,822,206.12ユーロ(本日の為替レートで9億7469万円。Taxを含む)の金銭の支払いを受けていたという。

本来、NMBVの取締役に係る報酬の決定や報酬を定めた雇用契約の締結は、同社の取締役会の決議が必要であるにもかかわらず、同社の他の取締役(日産取締役社長の西川廣人、三菱自の取締役会長CEOの益子修)と一切協議することなく、雇用契約を締結し、不正に上記金銭の支払いを受けたと発表されている。

さらに今回の共同調査では、日産と三菱自の提携の発表直後の2016年6月の段階から、ゴーンと日産元代表取締役グレッグ・ケリーらが、開示することなくゴーンに対する報酬を支払うため、2社の折半出資による非連結会社の設立の可能性を検討していたことが確認された。

なお、西川および益子取締役会長CEOは、NMBVから報酬その他何らの支払いも受けていないという。

日産は、上記金銭は不正に支払われたものであることから、ゴーンよりその返還を受けるべく今後検討していくとしている。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ