海外ニュース

2019.01.27

世界のメーカー 起源となったクルマたち 中編

クライスラー・70(1924年)

ウォルター・クライスラーは、1904年創業で、経営難に陥っていたマクスウェル・チャルマーという自動車会社を立て直したが、結局1923年に倒産した。

クライスラーは翌年、自分の名前を冠した新しい会社を設立し、同社初のモデルとなる70を発表した。3301ccのサイドバルブ直列6気筒エンジンを搭載し、革新的なアルミニウムのピストンや油圧システム、オイルフィルターも使用されていた。

その結果、初年度だけで3万2000台が生産された。クライスラーはそこから数十年で革新的なイメージを獲得し、デトロイトの2社との激しい争いをくぐり抜けた。

現在はフィアット・クライスラー・オートモビルの一員だが、ラインナップにはわずか2車種が並ぶのみだ。

next pageシュコダ・タイプ110(1925年)

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ