ここが変わった 新型ジャガーXE 詳しく見る

BMW M5 35年記念モデル 世界350台限定 625psのM5コンペティションがベース

2019.05.20

100字サマリー

BMWからM5の35周年を記念する限定モデルが発表されました。ベースは625psのM5コンペティションですが、インテリアのゴールド・カーボンなど、内外装の各部が特別仕様となっています。

もくじ

エンジンやサスペンションはM5コンペティションから
ボディはマットなフローズン・ダーク・グレイ・メタリック

エンジンやサスペンションはM5コンペティションから

BMWはスーパーサルーンとして名高いM5の35周年を記念して、625psのM5コンペティションをベースにした限定モデルを発売する。

このBMW M5エディション35イヤーは、M5コンペティションと同じチューニングが施された4.4ℓV8ツインターボを搭載。最大トルク76.5kg-mを発生し、0-100km/h加速は3.3秒。最高速度は250km/hでリミッターが作動する。

四輪駆動システムと、低められ強化されたサスペンションも、M5コンペティションから受け継ぐ。ボールジョイント式のリアサスペンション・マウントと、アップグレードされたアンチロールバーも採用されている。

ボディはマットなフローズン・ダーク・グレイ・メタリック

350台限定生産のBMW M5エディション35イヤーには、デザイン面で多くの変更が施される。ボディはマットなフローズン・ダーク・グレイ・メタリックで塗装され、新デザインの20インチ・ホイールを装着。

ブレーキ・キャリパーはハイグロス・ブラックで塗られるが、オプションでゴールドのキャリパーを備えるMカーボン・セラミック・ブレーキも装着できる。

インテリアで最も目立つ特徴は、ドアトリムやダッシュボード、センターコンソールに装着されたゴールド・アノダイズド・カーボンだ。ドアシルとカップホルダー・カバーにはM5エディション35イヤーの文字が刻印される。

BMW M5エディション35イヤーは、2019年7月から世界各地で発売される予定だ。価格は未発表だが、M5コンペティションの1823万円(日本価格・消費税込み)より高くなることは間違いない。

今から35年前の1984年に登場した初代M5は、ミドシップのスーパーカーM1から受け継いだ直列6気筒エンジンを特徴としていた。

 
最新海外ニュース