【驚きの体験】チーフテン戦車を操縦 売り先には注意 顧客には陸軍も 後編

2020.01.26

100字サマリー

ワイルド・スピードなどの映画にも出演した戦車を操縦してみました。クルマなど簡単に押し潰してしまう戦車ですが、その操縦方法も自動車とはまったく異なるものでした。さらに、英国のTV番組が改造したベントレーGTオフロード仕様など、興味深い存在が目白押しです。

もくじ

価格は高騰する一方
英国陸軍も顧客
ベントレーGTオフロード仕様
チーフテンMK10のスペック
番外編:隠された財宝

価格は高騰する一方

チーフテン戦車を停車位置に戻して、ミードのオフロード仕様に改造したベントレーGTに乗り換えることにした。

このクルマの周りには多数の戦車やアボット自走榴弾砲、装甲兵員輸送車両、さらにはFor saleとなっているリアがキャンパー仕様に改造された巨大なウラル4320 6×6ディーゼルなどが置かれている。

チーフテン戦車が気になったなら、1万8000ポンド(254万円)から手に入れることが出来る。
チーフテン戦車が気になったなら、1万8000ポンド(254万円)から手に入れることが出来る。

さらに北アイルランドで仕入れたアルヴィス社製ストーマ―装甲車には、スターストリーク近距離防空ミサイルシステムが残されたままだ。

ミードが戦車を集め始めたのは、2台の戦車をそれぞれ3600ポンドで購入した30年前のことだと言う。

当時、食肉解体業を生業にしていたミードだが、新車当時数百万ポンドもしたほとんど未使用の戦車を、わずか数千ポンドで購入できるという点が彼の興味を誘ったのだ。

彼が予想したとおり価格は高騰する一方であり、その結果、いまでは世界中の個人コレクターたちがこの市場へと殺到している。

「ここにはもう1台チーフテン戦車がありますが、現時点での価格は4万ポンド(565万円)です。ですが、来年には4万5000ポンド(636万円)、再来年には5万ポンド(707万円)に達するでしょう」と、ミードは言う。

彼は所有する40万平方メートルの土地に180台の戦車を集めているが、そのほとんどが英国製だという。

 
最新海外ニュース