ホンダ、伊東社長が会見

2012.09.21

ホンダは、9月21日、東京・南青山の本社で伊東孝紳社長が会見を開いた。

基本的に、ホンダの二輪事業、汎用パワープロダクツ事業、四輪事業の今後の展望および計画を語ったものである。

四輪事業について述べられた骨子は下記のとおりだ。

・世界中のニーズにいち早く対応できる競争力のあるコストでベストな仕様を実現するグローバル・オペレーション改革を行う。
・2013年発売のフィットからグローバル・オペレーション改革を推進していく。
・このグローバル・オペレーション計画は、フィットからはじまり、シディ、2年以内に販売する小型SUVで展開する。
・2015年までに軽自動車の6モデル追加する。
・そのひとつとして2014年に軽自動車のオープンスポーツを発表する。
・ハイブリッド車については燃費No.1を目指す。
・日本で2014年にレジェンドの後継モデルを発売する。
・3モーター・ハイブリッド、Sport Hybrid SH-AWDをNSX、アキュラRLX、レジェンド後継モデルに搭載する。
・ニュルブルクリンクFF最速を目指したシビック・タイプRを2015年に欧州に投入する。

噂されていたホンダ・ビートの後継モデルの登場が、明言されたことになる。また、次期は明らかにされなかったがNSXが市販されるのも間違いないようだ。

 
最新国内ニュース