日産、スマート・ルームミラーを開発

2014.02.28

日産自動車は、さまざまな走行環境において液晶モニターとルームミラーとを任意に切り替えることを世界で初めて可能にしたスマート・ルームミラーを開発した。この新技術はジュネーブモーターショーで展示される。

このスマート・ルームミラーは、後方の交通状況を確認する新開発の高性能狭角カメラと、ルームミラーに内蔵した新開発の特殊形状液晶モニターで構成されている。リア・ウインドウに設置された高解像度カメラによる鮮明な画像を液晶モニターに映し出すことによって、従来よりも広くクリアな後方視野をドライバーに提供し、快適な運転操作を可能とするというもの。

ルームミラーに内蔵した液晶モニターには、後方や斜め後ろを走行する車両がピラーなどで遮られることがないため、ドライバーは周辺の交通状況の把握がし易くなるという。

また、通常のルームミラーでは、リア・シートに多くの乗員が乗車したり、荷物を高く積み上げたりした場合に、リア・ウインドウの視界が遮られ、後方の交通状況の確認がしにくい場合があるが、スマート・ルームミラーではそれも解消できることとなる。

さらに、降雨時や降雪時、また薄暮や夜間などの様々な環境下でも、広い範囲の後方映像を鮮明に映し出す。また、朝夕の逆光や後続車のヘッドライトの光に対しても、高度なカメラ制御と画像処理プログラムを採用することにより、眩しさが少ないクリアな後方視界が映し出される。

「スマート・ルームミラーは、後席の乗員の背が高くても、どのような環境であっても、広くクリアな後方視界を提供します。また、視界の広い大きなリアウインドウと同じ役割を果たす『スマート・ルームミラー』は、ワクワクする新しいデザインの可能性を広げます。新しい形状の採用や、燃費向上のための空力の改善の選択肢が広がるのです。」と、同社の副社長でありチーフ プラニング オフィサー(CPLO)のアンディ パーマーはコメントしてる。

なお、日産では、このスマート・ルームミラーを2015年からグローバルに採用するための検討を進めている。まず日本市場において、今年春からディーラーオプションとして販売が開始される。

 
最新国内ニュース

人気記事