ルノー・メガーヌGT

公開 : 2015.12.10 23:55  更新 : 2017.05.29 19:22

まずはじめにテストするのはフラッグシップ・モデルにあたるメガーヌGTだ。ルノースポールが手を加えており、外観もあらゆる部分がアップグレードされている。パワートレインもクリオ・ルノースポール200のデリバティブである。

排気量は1.6ℓ。ターボによる加給を受け、最高出力と最大トルクはそれぞれ205psと28.6kg-mとなる。7速EDCデュアル・クラッチATを介して前輪を駆動。100km/hまでを7.1秒で駆け抜け、最高速度は233km/hに及ぶとルノーはいう。

GTには ‘4コントロール’ とよばれる4輪操舵システムやローンチ・コントロール、‘マルチ・チェンジ・ダウン’ なるトランスミッション・システムがつく。

‘マルチ・チェンジ・ダウン’ は、ブレーキを踏んだ瞬間に、5速から2速へ、などと段数を一発で飛びこえてシフト・ダウンするシステムだ。

ルノースポールがチューンしたサスペンションや、基準車よりもクイックな電動アシスト・ステアリング、大径のフロント・ブレーキ・ディスク、2本出しのマフラーも標準の装備に含まれる。

■どんな感じ?

乗ってすぐに、あたらしいメガーヌGTが愛くるしいくるまであることに気づく。室内はパネルがきちんと組みこまれているし、ドアを閉めた際の感覚もソリッド。これはいいのでは? と期待がもてる。

インテリアのデザインはとてもスマートだ。やわらかい素材を主な部分に採用するおかげで安っぽさとも無縁だ。特にGTは、ハイエンドであることをそれとなく主張している。

走りだしてもポジティブな印象はつづく。まず車内が静かだ。高速巡航時には、フロント・ピラーから少しばかりバタバタと音が聞こえるが、総じて快適。シートのサポートも安心感をもたらしてくれる。

視界も良好。望むとおりのラインを走らせられるし、最小回転直径があまたのライバルより小さいのもいい。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記