スプリント・テスト:0-193-0km/h

公開 : 2015.12.10 23:50  更新 : 2017.05.29 19:17

静止状態から193km/h、そして静止状態へ。どのクルマがもっとも速くこなせるかを、スーパーカー、ライトウエイト、クーペ、ホットハッチの分野から集めて競わせる。なかなかに複雑なテストだ。

かつてAUTOCARは静止状態→161km/h→静止状態におけるスピードを計測していた。軽くてパワフルで制動力が優秀なモデルが高い評価を得ていた。

今月でAUTOCARが誕生してから120年を迎える。自動車もずいぶん発展/進化を遂げてきた。よってターゲット速度を193km/hまで引きあげることにした。

クルマの形式もずいぶんと増えたから、コンテストの出場車種も増やすことにした。特に500kg前後のクルマにとっては吉報といえよう。

ライトウエイト級にはアリエル・アトム3.5Rはもちろんのこと、ケータハム・セブン620Rと(一応ライトウエイト級に属する)ラディカルRXC500を加えた。

スーパーカー級には650psを誇りながらとてつもないブレーキを身につけたマクラーレン650Sを迎えた。ポルシェ911ターボがこれに並ぶだろう。ならば、ということで日産GT-Rと4WDのジャガーF-タイプRを加えた。

ワイルド・コーナーにはフォード・マスタングGTを。ビッグ・クーペがどのような結果を残せるかを見るつもりだ。

メルセデス AMGからフェイスリフトしたばかりのA45 AMGを呼んだのは、最新のホットハッチの代表選手がどのレベルにあるかを調べるためだ。

われわれが使用するVボックスと呼ばれるロガーはGPSをベースとするもの。これまでより遥かに正確に計測できるようになった。

しかしモニター(今回の場合は私のスマートフォン)が193km/hを示したことを脳が認識し、ブレーキを踏みはじめるまでにわずかな時間がかかる。

Vボックスが193km/hであることを記録し、実際にブレーキを踏む瞬間までの時間を ‘リアクション・タイム’ とし、記録することにした(P6の表参照)。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事