日本は4番目に大きいマーケット、ロールス・ロイスが販売網を拡大

2016.09.27

ロールス・ロイス・モーター・カーズは、日本におけるディーラーネットワークの拡大を発表した。

これは、来日中のトルステン・ミュラー・エトヴェシュ代表取締役社長が明かしたもので、2017年の前半に、広島に国内6番目となる新規ディーラーをオープンするという。これにより、日本のディーラーネットワークは、ロールス・ロイスの本拠地イングランドと同規模の6店舗に拡大する。

同社は日本における販売網を急速に拡大しており、東京、横浜、大阪のショールームを2013年までにオープンしたあと、今年7月に名古屋、9月10日に福岡のショールームを開設したばかりである。

エトヴェシュ社長は、「ロールス・ロイスにとって世界で4番目に大きいマーケットである日本はビジネスが急速に伸びており、今年は日本市場における記録的な年になる見込みです。日本はアジアにおけるドーンの最大のマーケットとなっており、3分の2のお客様が新規顧客です」と販売網強化の理由を説明している。


▶ 海外初試乗 / ロールス・ロイス・ドーン

 
最新国内ニュース

人気記事