トヨタC-HRの日本仕様を公開

2016.09.28

トヨタはC-HRの日本仕様の概要を9月28日に初公開した。また、11月上旬よりWebで先行商談受付を開始し、2016年年末から発売すると発表した。

C-HRは、2014年のパリ・モーターショーでコンセプト・モデルが発表されたコンパクトSUVで、日本では東京モーターショー2015で初お目見えしたモデル。

デザインのコンセプトは「センシュアル スピード-クロス」というもので、スピード感あふれるボディ、SUVのたくましい足回りを表現したほか、質感・形状・色など細部にこだわり、大人の感性に響く意匠を追求したとしている。

エクステリア・デザインは、ダイヤモンドをモチーフとした強く絞り込んだボディと、大きく張り出したホイールアーチが特徴で、トヨタによれば「大人の感性に響くスタイリングを追求」したという。右左折の際、12灯のLEDランプが内側から外側へ流れるように光るシーケンシャルターンランプをトヨタとしては初採用したのも特徴のひとつ。インテリアも「センシュアル-テック」というデザイン・コンセプトのもと、エクテリア同様に大人っぽい意匠に仕上げている。

エンジンは1.8ℓハイブリッドと1.2ℓターボの2本立て。1.8ℓハイブリッドはGおよびS。1.2ℓターボはG-TとS-Tというグレード展開だ。Gが上級グレードとなるが、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」は全車標準装備となる。

サスペンションは、フロントにマクファーソン・ストラット、リアにダブル・ウィッシュボーンというレイアウトで、SACHSアブソーバーを標準装備する。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事