【フロントマスクを刷新】新型トヨタC-HR GRスポーツ 欧州で発表 足回りは専用セッティング

公開 : 2020.11.10 19:10

トヨタC-HRにモータースポーツ風のGRスポーツが設定されました。サスペンションを改良して走りを強化したほか、専用の19インチホイールやブラックパーツを採用しアグレッシブなスタイリングとなっています。

気軽に楽しめる「GRスポーツ」設定

text:Will Trinkwon(ウィル・トリンクウォン)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

トヨタは、新型C-HR GRスポーツを発表した。スポーティなスタイリングを採用したほか、サスペンションの強化により「シャープな動力性能」を実現している。

GRスープラやGRヤリスなどと同様に、ル・マンやWRCで優勝したガズー・レーシングの協力を得て開発された。

新型トヨタC-HR GRスポーツ
新型トヨタC-HR GRスポーツ    トヨタ

ガズー・レーシングは、ハードコア仕様のGRMN、本格的なスポーツを楽しめるGR、そして手軽なGRスポーツの各ブランドを展開している。

C-HR GRスポーツは、ヘッドライト、フォグランプ周りをブラックで統一し、標準モデルとの差別化を図っている。また、トヨタのエンブレムにもブラックのディティールが施されている。

さらに、アグレッシブなフロントスポイラーとブラックのドアモールを装備することで、スポーティな外観を強調。

パフォーマンス重視のツートンカラーの19インチアルミホイールが装着されているほか、サスペンションの改良により「ボディロールとピッチコントロールの向上」を目指した。

フロントスプリングは10%、リアスプリングは15%強化され、ショックアブソーバーの減衰力も向上させている。

ボディカラーは8色が用意された。ブラックルーフとグレーのツートンも選べる。

インテリアはレッドとグレーをテーマにデザインされている。ステアリングホイールとシフトレバーには、レッドのステッチが施されたパンチングレザーを採用。

リアのプライバシーガラス、LEDヘッドライト、シートヒーターを標準装備している。

欧州では、標準モデルと同じ1.8Lおよび2.0Lのハイブリッドシステムが設定される。

価格や仕様などの詳細は、2021年初頭の発売に向けて順次発表される予定だ。