まだSUVに魂を売りたくないあなたへ VWパサート「オールトラック」=模範解答

公開 : 2017.02.21 20:00  更新 : 2017.05.29 18:56

全天候型ワゴンである、最新のパサート・オールトラックは、当たり障りのないクルマの絶好例のひとつである。もちろんいい意味で。

■どんなクルマ?

フォルクスワーゲン・パサート・オールトラックは、色褪せつつある ‘ライフスタイル’ ワゴンの世界の調度品である。これらのクルマは、まだSUVへ魂を売ることを考えていない、それでいて奇をてらわない、何の変哲もないパッケージに魅力を感じているワゴン・ユーザーへ向けて企画されているのだから。

発表から1年程度経った第2世代パサート・オールトラックは、ふつうのワゴンから、車高が高く、タフな外観のワゴンへと変貌を遂げた。

このクルマの車高は、ベースとなった通常モデルのフォルクスワーゲン・パサートから28mm高められ、外装下部の大半を黒いプラスティックのプレートで覆われている。駆動方式は標準で4WDとなる。

パサート・オールトラックの選択肢は多くなく、フォルクスワーゲン定番の2.0ℓTDIディーゼル・エンジンをベースに、150ps×6速マニュアルか190ps×6速デュアル・クラッチ・オートマティック(今回のテスト車両)を選ぶことができる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×