スパイカーC8、アウディ製4.2ℓの使用を廃止 ケーニグセグ・ユニットを搭載へ ジュネーブ

公開 : 2017.03.08 22:16  更新 : 2017.06.01 00:27

オランダのスポーツカー・メーカー、スパイカーは、ケーニグセグが開発した600psのV8を載せる「C8プレリエーター」を発表した。

エンジンをアウディ製からケーニグセグ製へ

昨年までは4.2ℓのアウディ製ユニットを使っていたのだが、このモデルはドライサンプの5.0ℓV8自然吸気ユニット(ケーニグセグ製)を採用した。

よって車重は従来の1305kgより重くなることが予想されるが、パワー・アップゆえにパフォーマンス上の数値は改善されるとのことだ。

スパイカーのCEO、ビクター・マラーはジュネーブ・モーターショーの会場で「わたしが携わってきたなかで、もっとも大きな変更ですよ」と胸を張る。

エンジンを提供したケーニグセグのクリスチャン・フォン・ケーニグセグは「エンジンが、鳥肌のたつような楽しさをもたらしてくれるはずです」とも。

価格は標準グレードで£300,000(4,168万円)程度となるはずで、来年よりイギリスにあるコヴェントリー工場で100台のみの生産が予定されている。

▶ 2017 ジュネーブ・モーターショー

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事