ジャガーのスポーツ・モデル 今後はハイブリッド・パワートレインの可能性も?

公開 : 2017.04.13 17:29  更新 : 2017.06.01 00:24

4気筒ガソリン・エンジンを積んだ「ジャガーF-タイプ」の発表会場。英AUTOCARのラファエル記者が、ジャガーのパワートレインの将来像について、チーフ・エンジニアに質問をぶつけました。

ジャガーのスポーツ・モデルにハイブリッド・パワートレイン?

ジャガーは、将来的にハイブリッド・パワートレインをスポーツカーに採用する可能性があるという。これは、チーフ・プロダクト・エンジニアのエロル・ムスタファから聞いた言葉だ。

彼によれば、走行性能や環境適合を考えて、ハイブリッド・パワーを組み入れるプランは目下存在していないが、将来的にはまったくゼロではないという。

「いつだってわたくし達の関心は、クルマを改良していく方法を見つけることにあります。しかも、それがスポーツカーとして正しい処置でなければなりません」

2.0ℓのF-タイプの出来は? そしてディーゼルの件も質問

ムスタファは、ニューヨーク・モーターショーで発表された2.0ℓ4気筒インジニウム・エンジンのF-タイプ(写真)について、最も手頃な価格のF-タイプになるが、V8モデル、V6モデルとも違うキャラクターを持っていると話していた。

ジャガーの他のレンジには、環境性能にフォーカスしたモデルが存在するが、F-タイプについては「そのようなプレッシャーは一切存在しない」とも話している。

AUTOCARが先日スパイショットに成功したF-タイプ・ディーゼルの可能性について尋ねると、その件についてはコメントができないとして、詳細を明かしてはくれなかった。