新型BMW X2ディーゼルに試乗 価格/サイズ/内装、Q3やGLAへの一手は

公開 : 2018.02.07 11:10  更新 : 2018.02.07 15:47


新しいスタイリングとスポーティな味付け

BMW X2が参入するカテゴリーは、まさに強豪ぞろい。アウディQ3ジャガーE-PACE、メルセデス・ベンツGLAなどが激戦を繰り広げている最中。

成功は簡単ではなさそうだが、今回の初試乗を通じて、ホットハッチに代わる様な、スポーティなフレーバーを感じ取ることができた。

X2では、BMWを象徴するキドニーグリルを新しい解釈でデザインした、新しいスタイリングを提示している。また、前後長の短いボンネットはフロントウインドウを前方にレイアウトさせ、車内空間にもゆとりを持たせている。

BMWでは見慣れた緊張感のある面構成に、筋肉質なスクエア形状のホイールアーチが前後にうがたれる。また一般的なSUVと比較して高さ方向が薄いグラスエリアと、大きく傾斜したテールゲート、Cピラーに埋め込まれたエンブレムがエクステリアの特長。Cピラーのエンブレムはかつてのクーペ、CSのようだ。

発表段階では、X2が搭載するエンジンはふたつのみ。191psを生み出す2.0ℓ直列4気筒ガソリンと前輪駆動の組み合わせとなるsDrive20iと、2.0ℓ直列4気筒ディーゼルから189psを発生させる4輪駆動のxDrive20d、さらに231psを発生させるxDrive25dとなる。

X1のラインナップを補完する、より小さな3気筒ガソリンやディーゼルなどは、年末には登場予定。

乗り込んで、仕上がりを確認してみたい。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記