レクサスLC ニュル24時間レース参戦 5/12〜中継 TOYOTA GAZOO Racing

2018.05.04

サマリー

トヨタが、ニュル24時間耐久レースの決勝を、YouTube Liveで配信すると発表しました。今年の参戦マシンは、「レクサスLC」です。将来の市販車に活かすための先行技術を投入するとアナウンスされています。

決勝レース J SPORTS、YouTube Liveで生中継

※モデル名の表記に誤りがございました。お詫びして訂正いたします。

TOYOTA GAZOO Racingは、ニュルブルクリンク24時間耐久レースの決勝を、スポーツテレビ局「J SPORTS」および、TOYOTA GAZOO Racing公式サイト内のYouTube Liveで配信すると発表した。

今年のニュルブルクリンク24時間耐久レースは、2018年5月10日から13日にかけてドイツ、ニュルブルクリンクで開催される。

1周25km、高低差300m、約200のコーナーを持つコースを24時間走り続けるレースに、同社は2007年から継続参戦。過酷な環境下で鍛えられた社員らが今後車両開発の場で「もっといいクルマづくり」を体現するための活動の原点とされている。

さらに、参戦車両となる「レクサスLC」には、将来の市販車に活かすための先行技術を投入すると発表された。

参戦マシンに採用される先行開発技術は、
・ボデイ技術開発(軽量化、高剛性化)
・ドライバー支援技術(視認性向上など)
・空力開発
・エンジン開発(フリクション低減によるパワーアップ、燃費向上など)
・サスペンション技術(軽量化、高剛性化、高応答化)
とアナウンスされている。


昨年は、レクサスRCが1台だけ参戦し、一昨年のリタイアの雪辱を果たすべく完走し、SP-3Tクラス2位という結果を残した。

本年は新規車両のレクサスLCでの参戦となり、昨年末から国内で走行テストを重ね、クルマとドライバーの声を聴きながら、課題の潰し込みを進めたという。

参戦体制は、以下の通り。
ドライバー:土屋 武士、松井 孝允、蒲生 尚弥、中山 雄一

YouTube Live配信日程

配信時間:日本時間5/12(土)22:00〜5/13(日)23:30

詳細はTOYOTA GAZOO Racing公式サイトをご確認を。

 

人気記事