詳細情報 VWゴルフGTI TCR 2.0ℓ直4は290ps 外観どう違う?

公開 : 2018.05.11 19:10

外観上の変更点も

VWによれば、スタンダードなゴルフGTIとの外観上の違いはパフォーマンスを追求した結果だという。エンジンベイ内に追加されたラジエターを冷却するためのエアダクトに空気を送るためフロントバンパーの形状が変更されている。より突き出したフロントスプリッター、幅広くなったサイドシル、横幅いっぱいに広がったリアディフューザーなどの違いがある。

VWによれば、5種類の外装色が用意される。新色のグレー・ヒューや、通常のGTIに用意されるピュアホワイト、トルネードレッド、ディープブラック・パールエフェクトなどだ。サイドシル後部にTCRのデカールを追加することや、ドアを開けた際にTCRロゴを地面に投影することもできる。

内装については、スポーツシートのサイド部分、ドアの内張、シフトレバーなどにマイクロファイバーを使用している。シートの中央部分には専用のデザインが施され、ステアリングホイールやシフトノブには12時の位置にGTI TCRのレースカーを思わせるマークが入っている。VWによれば、レースバージョンは2016年以来100台が生産された。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

フォルクスワーゲンの人気画像