「黄・赤信号通過」「一時停止不停止」を自動抽出 クラリオン販社の新サービス

2018.07.31

交差点の赤信号、一時停止を守らないドライビングを、自動抽出。走行診断レポートを運行管理者に提供するサービスがはじまります。クラリオンが得意とするクラウドを活用し、商用車のドラレコ映像をもとに、事故を未然に防ぐ新たなチャレンジです。

商用車のドラレコ録画映像、解析・診断

クラリオンの国内販売会社、クラリオンセールスアンドマーケティング社は、業務用車両向けクラウド活用型車両管理サービス「SAFE-DR™」(Smart Access for Enterprise-Drive Recorder)の新サービスを、8月1日から提供する。

新たに提供する「自動解析プログラムを使用した映像解析による走行診断サービス」は、「SAFE-DR」対応ドライブレコーダーに記録された常時録画映像を、SOMPOリスケアマネジメント社の「自動映像解析プログラム」で解析、走行診断を行うもの。

解析は、交差点走行中の「黄・赤信号通過」「一時停止不停止」を自動抽出、「交差点で赤信号を通過してしまう」「一時停止標識・標示があるのに安全確認をせず通過している」といったドライブレコーダーに搭載する加速センサーでは確認できない危険運転を、常時録画映像から自動抽出し正しい運転行動、指導ポイントなどを「走行診断レポート」として運行管理者に提供する。費用は、1企業あたり5万円(税別)からとなる。

クラリオンによれば、運輸事業者における社会的な影響が大きい事故の発生は増加しており、従来型の事故防止活動(集合研修や事故惹起者への指導)からAIや各種センシング技術の活用により、事故が発生していない平時の状況におけるドライバーの運転状況についても正確に把握し、分析することで、事故を未然に防ぐ先進的な取組みが社会的に求められているという。

「車両情報システムソリューションプロバイダー」をめざすクラリオン、クラリオンS&Mは、車載機器と合わせIoT時代に向けたデータ蓄積・活用までをワンストップで提供していくとしている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース