ニュース

2018.07.30

新オールシーズンタイヤ「アシュアランス・ウェザーレディー」日本発売 グッドイヤー

編集部より

オールシーズンタイヤでその名を広めたグッドイヤーが、新しいオールシーズン銘柄「アシュアランス・ウェザーレディー」を日本導入します。主にSUV用を揃え、ベクター4シーズンとあわせたサイズ展開は57種類に。

SUV対応サイズを導入

日本グッドイヤーは、オールシーズンタイヤの新銘柄「アシュアランス・ウェザーレディー」を、8月1日に発売する。

本製品は、近年需要が高まっているSUVに対応するために導入されるもの。2016年にベクター4シーズンズの国産化とともにサイズを44種類に拡大した日本グッドイヤー。今回ウェザーレディーを13サイズ加えることにより、同社のオールシーズンタイヤ銘柄は合計57サイズ(市場カバー率89%)を揃えることになる。

これは競合銘柄の2倍以上のサイズバリエーションだ。

新製品の「アシュアランス・ウェザーレディー」は、従来の石油を原料としたオイルに代わって、大豆を原料としたオイルをタイヤのトレッドゴムに適用。

大豆オイル、ゴム、シリカによる新配合オールシーズン・シリカコンパウンドの採用により、低温から高温のあらゆる路面状況で高いトラクション性能を発揮するという。また、石油系ではなく植物系のオイルを使用することで環境にも配慮したタイヤとなっている。

面白い特徴は、タイヤの摩耗が進むと幅が広くなるバイアスグルーブ溝。アウト側のリブに適用することで、ライフの後半になっても排水性を維持。高いウェット性能を実現した。

また、ショルダー部の3Dブレードは、ブロックのよれを抑制し、優れたドライ性能に貢献。降雪時には、エッジ効果により高いトラクション性能を発揮する。

夏タイヤ性能については、ベクター4シーズンズよりも乗り心地、パターンノイズ(静粛性)の面で優れたテスト結果を計測したのも特徴だ

「アシュアランス・ウェザーレディー」は、16インチから20インチまでの全13サイズをラインナップ。

日本グッドイヤーの金原雄次郎代表取締役社長は、「(新オールシーズンタイヤの導入によって)軽自動車から大型SUVまで当社でカバーできるようになる。Googleでオールシーズンタイヤの検索ボリューム指標は右肩上がり。着実に販売本数は増えており、今後もこの傾向は続く」と見通しを示した。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『新オールシーズンタイヤ、アシュアランス・ウェザーレディー日本発売』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

 
最新海外ニュース